通信制高校の特徴について知っていますか?

通信制高校はきちんと選ぼう!

通信制の高校に転入するする際には様々な角度から高校を選ぶ必要があります。通信制高校は日頃授業がないので、通常の学校のように教諭によるサポートを受ける事が不可能です。そのため通常の高校の生徒と学力の差が付きやすいです。良い通信制高校であれば学力の差が付かないように、メールなどによるサポート体制を充実させています。通信制高校でも年にして10日から20日程度は通学しますが、その際に教諭によるサポートが受けられるようになっています。良い通信制の高校だと補修などにも対応しています。このような角度から通信制の高校を選ぶ事も大切ですよ。

交流会に参加すれば友達不足も解消!

友達ができにくいのも通信制高校の特徴です。その理由ですが、通常の高校と違い日頃から通学するわけではないからです。良い通信制高校だと、通学日に交流会を実施しています。交流会では学校主催で開かれており、美味しい食事やジュースなどを囲んで楽しく交流する事が出来ますよ。

レポートさえ提出すれば卒業しやすい。

通常高校を卒業するには期末テストなどを受けて単位を取得する必要があります。通信制高校も単位を取得しないと卒業できないのは一緒ですが、通常高校のような期末テストなどではなく、レポート提出が期末テストの代わりとなります。レポート内容も学校から細かく指定されるので、書きやすいです。さらに教科書を参考にしても全く問題ないので、試験に落ちることはまずないです。そのような理由から通信制高校は通常高校よりも卒業しやすいですよ。

高校転入の手続きを進めるにあたり、各地の学校や教育委員会などのサポートの内容を把握することがおすすめです。