株式投資で節税するには?税金を払わなくていい方法もある!

NISA口座なら一定額の投資分が非課税

株式投資をすると、売買益、配当金、さらには株主優待を受けられます。このうち、売買益と配当金には所得税がかかります。譲渡所得に関する税金ですが、他の譲渡所得などと通算はできません。株式の売買益としか通算できないため、どうしても税金がかかりやすくなります。税金をできるだけ減らしたいのであれば、NISA口座を利用するのが良いでしょう。少額投資に対して非課税になる制度です。一人一つの口座が作れ、1年で120万円までの投資分の利益に係る税金が非課税になります。一人一口座ですが、家族で投資をする人がいないならその人たちの口座を利用させてもらえばよいでしょう。また、子供も口座が作れます。ジュニア口座なら、1年80万円まで投資が可能です。

確定申告をすれば損益通算ができる

株式投資で確定申告をしたくないなら、源泉徴収ができる特定口座にしておきます。この口座なら、税金の計算、申告、徴収をすべて証券会社がしてくれます。確定申告が不要になります。では、このまま確定申告しないままでよいかです。この口座で損失が出ているなら、確定申告をした方が良いでしょう。損失が出ているなら、将来3年間に渡って損益通算が可能です。将来の利益と損失を通算できるので、その分利益を減らせます。節税が可能になります。また、特定口座同士で利益が出ている口座と損失が出ている口座があるあら、これも確定申告で損益通算できます。口座が異なるとそのままだと損益通算できませんが、確定申告をすれば可能になります。面倒ですが、お金が戻ってきます。

株の信用取引には、金利や手数料が発生します。株の信用取引の金利や手数料は、各金融機関や証券会社によって異なるので、注意が必要です。