自己破産にかかる弁護士費用は?過払い金がある場合にはどうなる?

弁護士費用は意外とかからない?

自己破産にかかる弁護士費用は法律事務所によって異なっており、相場としてはだいたい28万円~40万円くらいになるようです。ほとんどの場合に同時廃止となりますが、管財事件となった場合には、裁判所費用などが多めにかかります。借金の金額が500万円なら、500万円の借金をゼロにできて、弁護士費用は28万円~40万円くらいしかかからないので、大きなメリットがあるでしょう。借金の金額が100万円くらいの場合には、弁護士費用の割合がそれなりに大きいので、よく考える必要があるでしょう。お金がないという人は、法テラスに相談をすれば、一定の条件を満たしている必要がありますが、弁護士費用を一時的に無利子で借りることができます。自己破産の手続きが終わった時点で生活保護を受けている人は、返済の義務が免除されるという制度もあります。

過払い金がある場合はどうなる?

過払い金がある場合には、まずは過払い金の引き直し計算が行われます。その結果、自己破産をしなくてよくなることもあります。例えば、借金が500万円あって、過払い金が300万円あったという場合なら、引き直し計算をした結果、借金は200万円になりますので、任意整理で解決をしてしまえる可能性が上がるでしょう。過払い金が600万円あった場合なら、借金をゼロにできて、さらに100万円が戻ってくることになります。過払い金がある場合には、まずは借金問題に強い弁護士に相談をしてみてから、任意整理をするべきか、それとも自己破産をしなければならないのか、アドバイスを受けてみましょう。

破産者とは、自己破産手続き開始後から免責決定が下りるまでの間の事をさします。その後は、破産者として扱われることも無く、資格制限も無くなります。